インターネット広告事業を手掛けるセプテーニホールディングス(東京都)は、経営資源を中核事業であるネットマーケティング事業及びメディアコンテンツ事業に集中するため、DM発送を行う子会社のセプテーニ・ダイレクトマーケティング(東京都、売上約26.4億円)の全株式を、地図情報サービス事業大手のゼンリン(福岡県)に譲渡することを決議した。

株式譲渡金額は約15.2億円。

連結決算において、特別利益が約10.9億円発生する。

株式譲渡予定日は10月1日。