エムスリーは、医薬品開発業務受託機関(CRO)事業のメディサイエンスプラニング(東京都中央区。売上高82億4000万円、営業利益7億3200万円、純資産20億5000万円)を完全子会社化することを決議した。

エムスリーは、約25万人の医師会員を有する医療従事者専門サイト「m3.com」を運営。一方のメディサイエンスプラニングは、製薬会社等との契約により臨床試験の管理・運営に関する様々なサービスを提供する医薬品開発業務受託機関。エムスリーは、近年の急速な市場環境の変化に対応し、両社で長期ビジョン・戦略の共有化を行い、製薬会社等の顧客ニーズにあわせたサービスの開発・提供を進める等、両社が持つ経営資源の最大限の活用と経営判断の迅速化を可能とする体制の構築が不可欠であると判断し、子会社化を決めた。

株式交換比率はエムスリー1:メディサイエンスプラニング0.0113で、メディサイエンスプラニング1株に対し、エムスリーの普通株式0.0113株を割り当てる。

完全子会社となるメディサイエンスプラニングの普通株式は、2014年2月13日に上場廃止予定。

株式交換の実施予定日は2014年2月18日。