アミューズは、韓国でエンターテインメント事業を手がけるKhan Enterprise(ソウル。売上高約7660万円)の株式80%を取得し、子会社化することを決議した。

総合エンターテインメント事業を手掛けるアミューズは、以前よりアジアにおける事業展開を目指しており、2000年には子会社としてアミューズ韓国を設立し、所属アーティストの韓国での展開の支援や現地アーティストの発掘・育成、映像作品の共同制作などに取り組んできた。

一方のKhan Enterprise Co., Ltd は、韓国においてアーティストマネージメントを手掛け、韓国内において数多くのテレビドラマ制作に携わるなど、エンターテインメント業界において非常に豊富なネットワークを構築。今回の子会社化で、韓国内における当社のエンターテインメント事業をより発展拡大させると同時に、日韓共同の新しいエンターテインメントコンテンツの創出を可能にすると判断した。

取得価額は非公表。取得予定日は2013年11月12日。