タケエイは、民事再生中で廃棄物処理業を営む諏訪重機運輸(長野県諏訪市。売上高8億2000万円、営業利益△6510万円)の全株式を取得し、子会社化したことを発表した。

諏訪重機運輸は、長野県諏訪市を中心に産業廃棄物処理でトップのシェアを誇っていた。しかし、最終処分場で許可された埋立量を超過、撤去費用の調達にめどが立たず、2009年12月に民事再生法の適用を申請した。2010年9月に再生計画の認可が下りた。

タケエイは同社を買収し再生を支援するとともに、産廃処理施設の供給が不足し競合が少ない甲信越地域進出への足掛かりとする。

取得価額は非公表。取得日は2011年7月1日。