日本マニュファクチャリングサービスとテーケィアールは、日本マニュファクチャリングサービスがテーケィアールの株式の50%超を取得し、子会社化することに関し、基本合意した。

テーケィアールは、高い設計・開発技術力をもち、金型設計/製作、プレス加工、基板実装を含めたモジュール組立、ODM/OEM等の業務を手懸け、国内では、岩手に2拠点と茨城に拠点を、海外ではマレーシアに2拠点、香港、中国に拠点をもつ総合EMS企業。

日本マニュファクチャリングサービスは、テーケィアールを子会社化することで、開発・設計業務、基板実装を含めたモジュール組立、ODM/OEM領域を補強または強化し、日本マニュファクチャリングサービスグループが提供するサービスをより高度化、充実化させ、既存の海外の事業基盤を盤石にする。

日本マニュファクチャリングサービスは、テーケィアール株式の50%超の取得を予定している。

取得価格は、今後協議のうえ決定する。

テーケィアールグループの平成23年3月期の連結指標は、以下のとおり。

純資産 5, 363百万円

総資産 13,750百万円

売上高 29,828百万円

営業利益 754百万円

経常利益 713百万円

当期純利益 837百万円