エア・ウォーターは、歯科・理化学機器の製造・販売を手掛けるデンケン(京都市。売上高9億4900万円)の株式90%を取得し、子会社化することを発表した。

エア・ウォーターは同社が培った医療関連事業での経験とデンケンの歯科・理化学機器製品により新たな分野への進出を目指す。特に歯科分野は景気変動を受けにくく、高齢化社会において安定的な成長が期待できるという。

取得価額は非公表。取得予定日は2011年4月1日。