M&A速報

日本ユニシス<8056>、印刷関連子会社をオフィス業務請負会社に売却

2011/02/25

日本ユニシスは、印刷関連事業を行う日本ユニシス・サプライ(東京都世田谷区。売上高54億1000万円、営業利益△4億1900万円、純資産△8億4100万円)の全株式をオフィス業務アウトソーシングの寺田倉庫(東京都品川区)に譲渡することを決議した。

日本ユニシス・サプライは、日本ユニシスグループにおける印刷関連事業を長年にわたり手掛けていたが、IT事業モデルが変遷する中、相乗効果を生み出すことが難しくなっていた。寺田倉庫は、文書・データの保管やオフィス業務アウトソーシング関連のノウハウを持ち、日本ユニシス・サプライのデータプリントやダイレクトメールの封入・発送業務を取り込むことで、新たな事業機会の創出を狙う。

取得価額は非公表。取得予定日は2011年3月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

【2022年】パナソニックだけではない、今年もこんなにあるよ 上場企業の社名変更

【2022年】パナソニックだけではない、今年もこんなにあるよ 上場企業の社名変更

2022/01/01

2022年もすでに20社を超える上場企業で社名変更が予定されている。その顔ぶれの中で、最大のビッグネームといえばパナソニックだ。

ありそうでなかったコトバ、コロナ新語の「人流」って?

ありそうでなかったコトバ、コロナ新語の「人流」って?

2021/06/02

緊急事態宣言が延長期間に入った。その新型コロナ対策のキーワードの一つが「人流」。ステイホーム、密、テレワークなどと並んで昨年来、盛んに使われるようになった“コロナ新語”の仲間だが、実は「人流」という言葉は国語辞書を引いても見当たらない。

ジャノメ・BIPROGY・パリミキ…「社名変更」のアナウンスが続々

ジャノメ・BIPROGY・パリミキ…「社名変更」のアナウンスが続々

2021/05/19

上場企業の決算発表などに合わせ、年内や来春に向けた社名変更のアナウンスが相次いでいる。その数は4月以降の発表分だけで20社余り。変更予定日は約半数の9社が10月1日で、2022年4月1日が5社で続く。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5