ゼンリンは、同社の持分法適用関連会社である沖縄インターマップを、株式交換により完全子会社化する。

ゼンリンは、沖縄インターマップに地図データの入力業務を委託している。今回の株式交換による完全子会社化により、事業変革に対する機動性及び柔軟性を確保する。

今回の株式交換は、沖縄インターマップ普通株式1株に対して、ゼンリンの普通株式109株を割当て交付する。今回の株式交換では、新株発行に代えて、自己株式91,560株を交付する。

ゼンリンの本日の終値で計算した沖縄インターマップの取得価額は114百万円となる。