M&A速報

ゼンリン<9474>、インターネット広告代理のノッキングオンを子会社化

2009/07/01

ゼンリンは子会社を通じて、ノッキングオン(東京都港区。売上高11億1000万円、営業利益1000万円、純資産1億300万円)の全株式を取得し、子会社化したと発表した。

ノッキングオンは、アフィリエイトサービスプロバイダーとして事業展開しており、配信システムの開発・管理を手掛ける。ゼンリンの子会社ゼンリンデータコムは地図をベースにしたコンテンツをパソコンや携帯端末を介して企業や個人ユーザーに提供する。ノッキングオンを子会社化することで、広告収入モデルの導入を加速し、GPSを利用した新たな広告サービスを共同で開発するなどの相乗効果を狙う。

取得価額は非公表。取得日は2009年7月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

消費低迷で相次ぐ「業績下方修正」今後は新型コロナウイルスの影響も

消費低迷で相次ぐ「業績下方修正」今後は新型コロナウイルスの影響も

2020/01/31

消費低迷を理由に業績予想を下方修正する企業が相次いでいる。ホームセンターのコメリ、クリーニング業の白洋舎、食品メーカーの石井食品がそろって通期の業績予想を修正。白洋舎、石井食品は当期損益が赤字に転落する。

「ブリヂストン」が買収する「トムトム」は日本での活動を活発化させていた

「ブリヂストン」が買収する「トムトム」は日本での活動を活発化させていた

2019/01/24

ブリヂストンはオランダの地図情報会社トムトムの子会社トムトム テレマティックス ビーヴィーを買収する。トムトムは、あまり聞きなれない企業だが、実は日本での活動を活発化させていた。

M&A速報検索

クリア