ゼンリンは子会社を通じて、ノッキングオン(東京都港区。売上高11億1000万円、営業利益1000万円、純資産1億300万円)の全株式を取得し、子会社化したと発表した。

ノッキングオンは、アフィリエイトサービスプロバイダーとして事業展開しており、配信システムの開発・管理を手掛ける。ゼンリンの子会社ゼンリンデータコムは地図をベースにしたコンテンツをパソコンや携帯端末を介して企業や個人ユーザーに提供する。ノッキングオンを子会社化することで、広告収入モデルの導入を加速し、GPSを利用した新たな広告サービスを共同で開発するなどの相乗効果を狙う。

取得価額は非公表。取得日は2009年7月1日。