M&A速報

ブラザー工業<6448>、部品製造子会社のニッセイ<6271>をTOBで上場廃止

2021/11/08

ブラザー工業は子会社で減速機や歯車の製造・販売などを手がけるニッセイにTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。現在、60.17%の持ち株比率を100%に引き上げ、上場を廃止する。

買付代金は165億6700万円。完全子会社により。ニッセイのマシナリー・FA(工場自動化)領域を成長させるのが狙い。ニッセイはTOBについて賛同の意見を表明し、株主に応募を推奨した。

買い付け期間は2021年11月9日から12月21日までの30営業日。買い付け価格は1株当たり1500円。前営業日の終値1040円に44.23%のプレミアムをつけた。買付予定数は1104万4628株で、下限は180万1242株。上限は設けない。公開買付代理人は野村證券。決済開始日は12月28日。

関連の記事

「インクで儲ける」プリンターのビジネスモデルは考え直すべき

「インクで儲ける」プリンターのビジネスモデルは考え直すべき

2021/11/09

「プリンターを安く売り、高いインクで元を取る」というプリンターのビジネスモデルに、裁判所が「ノー」を突きつけた。互換インクを販売するエレコムなどがブラザー工業を相手取った訴訟で、互換インクを使えなくした設計変更を独占禁止法違反と認定したのだ。

ファッションアパレルのウィゴー(WEGO)、新株主と創業者復帰でリスタート

ファッションアパレルのウィゴー(WEGO)、新株主と創業者復帰でリスタート

2017/12/17

ストリート系ファッションのWEGO(ウィゴー)が今年3度目の社長交代となった。度重なる株主交代の背景は?ウィゴーに一体何が起きているのだろうか。

M&A速報検索

クリア