M&A速報

三菱レイヨン<3404>、アクリル原綿製造・販売の中国子会社の出資持分を譲渡

2009/09/28

三菱レイヨンは、連結子会社でアクリル原綿を製造・販売する中国の寧波麗陽化繊有限公司(浙江省。売上高約14億4000万円、営業利益約△16億7000万円、純資産約△45億7000万円)の全出資持分を譲渡することを決議した。

譲渡先は中国製糸会社の南通中新毛紡印染有限公司(江蘇省)に75%と香港科基有限公司(香港)に25%。

三菱レイヨングループは、中期経営計画の重要課題として、アクリル繊維事業の構造改革を進めている。寧波麗陽化繊は、中国国内のアクリル繊維需要減退から減産を迫られ、2009年5月以降は生産を休止し再開の方策を検討してきた。しかし、自力での生産再開は困難と判断した。

譲渡価額は約15億円、譲渡予定日は2009年11月上旬から中旬。

M&Aデータベース

関連の記事

【旭硝子】なぜ業界トップがM&Aで「ガラスの天井」に挑むのか

【旭硝子】なぜ業界トップがM&Aで「ガラスの天井」に挑むのか

2018/05/15

世界最大の板ガラスメーカー・旭硝子が積極的なM&Aに乗り出している。しかも、全くの畑違いの異業種で、だ。装置産業であるガラスメーカーだけに、得意の板ガラスへ経営資源を集中して生産量でライバルを凌駕するのが最適に思えるが、同社の選択は違った。

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017/12/28

2017年の食品業界は大小合わせて20件強(発表ベース)のM&Aを数える。1年を振り返って、1000億円を超えるような大型案件はなかったものの、食品各社のM&Aへの意欲は旺盛といえる。