京浜急行電鉄は、高級食品スーパー「もとまちユニオン」などを経営するユニオネックス(横浜市。売上高216億円、営業利益3億2600万円、純資産7億5200万円)の全株式を取得して子会社化することを決議した。

ユニオネックスは横浜・三浦半島一帯を事業基盤に、高級食品スーパー「もとまちユニオン」や地域密着型スーパー「ヨコサン」を展開する。京浜急行電鉄は流通事業のラインナップにユニオネックスの店舗を加えることで、沿線顧客の多様化するニーズに対応する。

取得価額は50億円。取得予定日は2008年10月1日。