積水化成品工業はドイツに本拠を置く自動車部材メーカー、 Proseat グループ(売上高375億円)の株式75%を取得し子会社化することを決議した。

Proseatグループはドイツ、フランス、英国、スペイン、チェコ、ポーランドの欧州6カ国に製造拠点を持ち、シート用クッション材、ヘッドレスト、アームレスト、発泡成形品など自動車部材を供給する独立系メーカー。

積水化成品は自動車部材に関し、「ピオセラン」の名称で展開するポリスチレン・ポリオレフィン複合樹脂発泡体がシート芯材や下肢部衝撃吸収材などとして国内のほか、米進出日系自動車メーカー向けに採用実績を拡大している。Proseatグループを傘下に取り込むことで、「ピオセラン」を中心に欧州での拡販スピードを加速させるほか、販売網の相互活用を通じて事業拡大につなげる。

取得価額は約45億円。取得予定日は2019年3月中。