ケーズホールディングスは、フランチャイズ加盟店のヒダカ電器商会(大阪府松原市。売上高38億8000万円、純資産4億2300万円)を株式交換により2008年6月30日付で完全子会社化すると発表した。現在の保有株式は8.3%。その後、7月1日付でケーズHDの完全子会社である関西ケーズデンキ(水戸市)がヒダカ電器商会を吸収合併する。

ケーズHDはヒダカ電器商会を取り込むことで、関西地区での効率的な事業拡大を図る。ヒダカ電器商会が三重、京都、兵庫に展開する4店舗については、京都と兵庫の店舗を関西ケーズデンキが、三重の店舗を、同じくケーズHDの完全子会社であるギガス(愛知県弥富市)が継承する。

株式交換比率は未定。