M&A速報

フェローテック<6890>、住友金属工業<5405>からセラミックス製造会社を取得

2008/03/31

フェローテックは、住友金属工業の子会社である住金セラミックス・アンド・クオーツ(東京都千代田区)の株式90%を取得し、子会社化することを決議した。住金セラミックス・アンド・クオーツがセラミックス事業以外の事業を新設分割させたのち、存続会社の株式を取得する。

住金セラミックス・アンド・クオーツは、ファインセラミック製品のほか、マシナブルセラミック製品(機械加工に適したセラミック製品)など数多くの製品を取り扱い、材料開発から一貫生産を手がける。半導体などのエレクトロニクス産業向け装置を手がけるフェローテックは、半導体業界における販売ネットワークを活用し、セラミック製品の海外拡販を図るほか、生産品目の拡大を目指す。

セラミックス事業の直近売上高は47億1000万円、営業利益は6億6200万円。

取得価額は未定。取得予定日は2008年9月末。

M&Aデータベース

関連の記事

【10月M&Aサマリー】3カ月連続で前年を下回る|DCM・ニトリの「島忠」争奪戦も

【10月M&Aサマリー】3カ月連続で前年を下回る|DCM・ニトリの「島忠」争奪戦も

2020/11/04

2020年10月のM&A件数は前年同月比5件減の69件となり、3カ月連続で前年を下回った。1~10月の累計は前年を超えるペースを維持しているのの、コロナ禍の出口が見通せない中、停滞感が否めない。ホームセンターの島忠を巡る買収合戦も勃発した。

2020年1~9月のM&A金額、前年比倍増の9.6兆円|「上位30」一覧

2020年1~9月のM&A金額、前年比倍増の9.6兆円|「上位30」一覧

2020/10/07

2020年1~9月のM&A金額(適時開示ベース)は前年同期比倍増の9兆6860億円となり、2018年(11兆3255億円)に次ぐ過去2番目の高水準を記録した。1~9月の取引金額ランキングの上位30は次の通り。

コロナ下で迎える株主総会、「継続会」開催が20社に

コロナ下で迎える株主総会、「継続会」開催が20社に

2020/05/25

「コロナ」下、定時株主総会の開催にあたり、「継続会」制度の利用を公表する企業が20社を突破した。あまり耳慣れない「継続会」だが、一体、どのような仕組みなのか?

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5