ケーズホールディングスは傘下の家電量販店デンコードー(仙台市。売上高543億円)と、フランチャイジーであるフジヤ(北海道釧路市。売上高7億8400万円)が2008年4月1日に合併すると発表した。デンコードーを存続会社とする吸収合併でフジヤは解散する。

フジヤは1961年設立で現在2店舗を運営する。ケーズホールディングスは一体運営により北海道地区で効率的に事業を拡大し、グループの経営資源の有効活用を図る。

合併比率は非公表。