上場企業のニュース記事一覧

ロシア進出の日本企業、事業撤退が加速か

ロシア進出の日本企業、事業撤退が加速か

ロシアのウクライナ侵攻が長期化する中、ロシアで現地生産などを展開する日本企業の撤退が加速しそうだ。自動車メーカーの事業撤退が相次ぎ、日産、マツダは「1ユーロ」でそれぞれ譲渡すると発表した。

記事を読む
上場企業の不動産売却 15年ぶりに100社を超える可能性も

上場企業の不動産売却 15年ぶりに100社を超える可能性も

2022年度上半期(4-9月)に東京証券取引所に株式上場する企業のうち、国内不動産の売却を開示したのは46社(前年同期36社)だった。不動産売却は下半期に増加する傾向があり、年度では15年ぶりに100社を超える可能性も出てきた。

記事を読む
2022年上期、最も多くのM&Aに取り組んだ上場企業はどこ?

2022年上期、最も多くのM&Aに取り組んだ上場企業はどこ?

全国で3800社を超える上場企業のうち、2022年上期(1~6月)に最も多くのM&Aに取り組んだのはどこか? M&A Online編集部が適時開示情報をもとに調べたところ、エルテスとピアズが5件でトップに並んだ。

記事を読む
【会計コラム】上場企業の開示について

【会計コラム】上場企業の開示について

日本において四半期開示が行われるようになったのは、実はここ20年くらいのことです。今回は、四半期開示制度の変更が予定されていることを機に、経理の現場で関心が高くなっている「上場企業の開示」についてあれこれと検討してみたいと思います。

記事を読む
「希望退職者募集」ぶり返した?   5月は今年最多の5社

「希望退職者募集」ぶり返した? 5月は今年最多の5社

上場企業による希望退職者募集の動きがここへきてぶり返した。5月はタキヒヨーの約150人を筆頭に5社が計画を発表した。2月2社、3月、4月が各1社にとどまっていたが、1月の4社を上回る今年最多となった。

記事を読む
上場企業による子会社・事業の売却 2年連続で過去最多を更新

上場企業による子会社・事業の売却 2年連続で過去最多を更新

2021年(2021年1月1日~12月27日)に上場企業が子会社や事業を売却した案件が過去10年で最多となった。コロナ禍よる景気低迷が要因の一つで、過去最多を更新するのは2年連続。

記事を読む
上場廃止数がリーマン・ショック超え、完全子会社化が目立つ

上場廃止数がリーマン・ショック超え、完全子会社化が目立つ

2021年の東京証券取引所の上場廃止は12月10日までで86社に達し、2007年以降では最多を記録した。一方で上場企業の倒産件数は2016年以来、5年ぶりに上場企業の倒産がゼロとなる可能性が出てきた。廃止理由は「完全子会社化」が目立つ。

記事を読む
大手居酒屋チェーン上場14社、コロナ前から1000店超の減少

大手居酒屋チェーン上場14社、コロナ前から1000店超の減少

チェーン展開する大手居酒屋の店舗撤退が止まらない。居酒屋・バーを運営する上場の主要14社の2021年3月末の飲食店舗数は、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年12月と比べ1048店減ったことがわかった。

記事を読む
「ニッソウ」東証から名証へ市場替えの真意は?|【東証PRO】

「ニッソウ」東証から名証へ市場替えの真意は?|【東証PRO】

東京都世田谷区に本社を置くニッソウは不動産業界の業者を得意先とするBtoBのリフォーム業で、2018年9月にTPMに上場を果たした。だが2020年2月、上場する市場をTPMから名古屋証券取引所セントレックスに変更した。その意図は何か。

記事を読む
「トリプルワン」3主力事業で半導体市場を深耕|【東証PRO】

「トリプルワン」3主力事業で半導体市場を深耕|【東証PRO】

2017年6月30日にTPMに新規上場を果たしたトリプルワン 。「システム事業」「エンジニアリング事業」「プロダクツ事業」の3つの事業を柱に、顧客からの新頼を集めて着実に業績を伸ばし、国内はもちろん海外展開もより積極的に進めようと目論む。

記事を読む
「パスロジ」認証トラブル克服の救世主となるか|【東証PRO】

「パスロジ」認証トラブル克服の救世主となるか|【東証PRO】

「本人認証」を中心に事業展開してきたパスロジ。今日、ネットバンキングなどの金融系システム、ショッピングサイトなどあらゆる分野で“ネット生活の入り口”とも言える本人認証で、高度な技術を提供している。昨今の認証トラブル克服の救世主となるか。

記事を読む
業績下方修正企業が1000社を突破 消失売上高も10兆円に迫る

業績下方修正企業が1000社を突破 消失売上高も10兆円に迫る

新型コロナウイルスの影響で業績を下方修正した上場企業数が1066社となり、初めて1000社の大台を突破した。また下方修正の結果、消失した売上高が9兆6264億円となり、10兆円まであとわずかなところまで迫っていることが分かった。

記事を読む
「Kips」企業発掘力を武器に、投資を加速|【東証PRO】

「Kips」企業発掘力を武器に、投資を加速|【東証PRO】

Kipsは個性的な企業を全国から発掘し、投資・育成していく会社。2019年9月にTOKYO PRO Marketに上場し、ベンチャーファイナンス部門をより強化する。強みは、豊富な人脈を生かした全国各地のベンチャー企業の発掘力である。

記事を読む
「五洋食品産業」元社員が果たした執念の復活劇|【東証PRO】

「五洋食品産業」元社員が果たした執念の復活劇|【東証PRO】

五洋食品産業は1975年、福岡市でナチュラルチーズの加工業として創業した。1980年8月、洋菓子の製造に業態転換。海外にも進出、各種表彰を受け快進撃を続けた。その背景には品質にこだわり抜く大きな出来事があった。

記事を読む
「パパネッツ」社会と人のネットワークを強化|【東証PRO】

「パパネッツ」社会と人のネットワークを強化|【東証PRO】

埼玉県越谷市に本社を置くパパネッツの2つのPは「社会と人」すなわちPublicとPeople。「社会と人のつながりのなかで仲間を募りネットワーク化していく」といった意義が込められている。その意義を引越し業務のなかで実現する同社の次の戦略は?

記事を読む
「スタッフは女性だけ」のステーキ店を運営する碧(へき)|【東証PRO】

「スタッフは女性だけ」のステーキ店を運営する碧(へき)|【東証PRO】

東京証券取引所にTOKYO PRO Marketという新市場が生まれ、株式会社碧(へき)はその新市場に2013年に上場を果たした。本社は沖縄県那覇市。どこにも負けない「おもてなし」を届けるステーキ店として、大阪、東京へと事業を拡大している。

記事を読む
IPO逆風のなか設立したロングターム証券取引所(LTSE)

IPO逆風のなか設立したロングターム証券取引所(LTSE)

米国の上場企業数が減少するなかで、2019年5月10日、新しい証券取引所が米証券取引委員会によって登録承認された。シリコンバレーに拠点を置く「ロングターム証券取引所(LTSE: Long-term Stock Exchange)」だ。

記事を読む
給料の高いM&A業界 GCAが1559万円で4年連続トップ

給料の高いM&A業界 GCAが1559万円で4年連続トップ

2017年決算の上場2,681社の平均年間給与は599万1,000円と前年より3万8,000円増えた。トップは4年連続でM&A助言会社のGCA(1559万円)。4位に日本M&Aセンター(1418.8万円)が入り、M&A業界の高給ぶりが目立った。

記事を読む
「上場企業2,172社の平均年間給与」調査 2017年3月期決算

「上場企業2,172社の平均年間給与」調査 2017年3月期決算

2017年3月期決算の上場企業2,172社の平均年間給与は628万1,000円(中央値610万円)で、前年より4万1,000円(0.6%増)増えた。業種別トップは建設業で唯一の700万円台。平均年間給与1,000万円以上は47社だった。

記事を読む
上場企業「役員報酬 1億円以上開示企業」調査

上場企業「役員報酬 1億円以上開示企業」調査

M&A Online編集部です。今回は「上場企業 役員報酬 1億円以上開示企業調査」(東京商工リサーチ)を取り上げます。最高額はソフトバンクグループ ニケシュ・アローラ元副社長の64億7,800万円でした。

記事を読む
【M&Aだけではない! 西堀流会社継続学】多様化すべき中小企業の事業継続支援(3)

【M&Aだけではない! 西堀流会社継続学】多様化すべき中小企業の事業継続支援(3)

長く新規上場企業向けの情報サイト「東京IPO」の編集長を務め、IPOを目指す企業の支援や助言を行ってきた日本ビジネスイノベーション代表取締役の西堀敬氏に、現在のIPOの状況と、中小企業にとっての事業継続について聞いた。

記事を読む
【M&Aだけではない! 西堀流会社継続学】多様化すべき中小企業の事業継続支援(1)

【M&Aだけではない! 西堀流会社継続学】多様化すべき中小企業の事業継続支援(1)

長く新規上場企業向けの情報サイト「東京IPO」の編集長を務め、IPOを目指す企業の支援や助言を行ってきた日本ビジネスイノベーション代表取締役の西堀敬氏に、現在のIPOの状況と、中小企業にとっての事業継続について聞いた。

記事を読む