M&A速報

1週間のM&A速報まとめ(2022年8月8日〜2022年8月12日)

2022/08/13

2022年8月8日

朝日放送グループホールディングス<9405>、アニメキャラクター雑貨企画・製造のゼロジーアクトを子会社化

朝日放送グループホールディングスは、アニメキャラクター雑貨企画・製造のゼロジーアクト(東京都台東区)の全株式を取得し、子会社化することを決めた。アニメ事業強化の一環で、グループで手がけるコンテンツの商品化などにつなげる。ゼロジーアクトは2015年に設立。香水やアクリル雑貨を中心とするアニメキャラクター雑貨事業のほか、フィギュアなどのOEM(相手先ブランド生産)事業を展開している。取得価額、取得予定日は非公表。

デサント<8114>、フランス発「ルコックスポルティフ」ブランドを取り扱う中国合弁会社を子会社化

デサントは、フランス発「ルコックスポルティフ(LE COQ SPORTIF)」ブランドのスポーツウエア・グッズを中国で取り扱う現地合弁会社LE COQ SPORTIF(NINGBO)CO., LTD.(NLCS、浙江省。売上高79億8000万円、営業利益2億7600万円、純資産33億9000万円)の出資持ち分を追加取得し、子会社化することを決めた。デサントの持ち分比率は現在40%だが、現地合弁パートナーの全出資持ち分50%を取得する。取得価額は35億5000万円。取得予定日は2022年10月1日。

グリーンクロス<7533>、安全機材用品販売の安全機器など2社を子会社化

グリーンクロスは、安全機材用品販売の安全機器(札幌市)、安全サービス(同)の2社を8日付で子会社化した。全国展開の布石づくりの一環。グリーンクロスは西日本を地盤に道路安全資材や建築防災用品、 保安用品などの各種安全機材用品を取り扱っているが、北海道に本格進出する。安全機器は1965年設立で、60年近い業歴を持ち、北海道警や高速道路会社、建設会社などを主要顧客とする。株式の取得割合は安全機器が78.9%、安全サービスが100%。取得価額は非公表。

AMGホールディングス<8891>、戸建分譲の川﨑ハウジングなど2社を子会社化

AMGホールディングスは、戸建分譲の川﨑ハウジング(熊本市。売上高85億5000万円、営業利益5億7200万円、純資産40億1000万円)、住宅のアフターサービス業務を手がけるハウメンテ(同。売上高8億7900万円、営業利益1億2600万円、純資産5億1100万円)の両社の全株式を取得し、子会社化することを決めた。戸建分譲事業の拡大が狙い。対象2社は川﨑ホールディングス(熊本市)の傘下企業。取得価額は27億300万円。取得予定日は2022年10月4日。

2022年8月9日

メドピア<6095>、CSO(医薬品販売業務受託機関)事業のEPフォースを子会社化

メドピアは、CSO(医薬品販売業務受託機関)事業を手がけるEPフォース(東京都豊島区。売上高33億7000万円、営業利益3億7600万円、純資産6億2800万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。がんなどのスペシャリティー領域への取り組みを加速させている製薬企業のニーズに合致した新たなマーケティングサービスの提供につなげる。取得価額は50億2000万円。取得予定日は2022年10月3日。

マイネット<3928>、ティーアンドエスからバスケットボールメディア「BASKETCOUNT」事業を取得

マイネットは、デジタル関連サービスのティーアンドエス(東京都渋谷区)からバスケットボールメディア「BASKETCOUNT」事業を取得した。スポーツ領域でのDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進の一環。「BASKETCOUNT」はNBA(北米プロバスケットボールリーグ)やBリーグ(国内男子プロバスケットボールリーグ)を中心としてバスケットボールのさまざまな記事をオンライン上で無料配信(月間約250記事)している。取得価額、取得日は非公表。

大和ハウス工業<1925>、運送業の神山運輸と神山トランスポートを子会社化

大和ハウス工業は、運送業の神山運輸(愛媛県松前町。売上高77億4000万円、営業利益5億5300万円、純資産43億7000万円)、神山トランスポート(同。売上高13億6000万円、営業利益1200万円、純資産1億600万円)の2社を株式交換で子会社化することを決めた。低温物流事業の拡大につなげる狙い。神山運輸は1962年に創業し、冷凍食品小口混載輸送を全国展開し、一方の神山トランスポートは兄弟会社として長距離幹線輸送を担う。取得予定日は2022年9月12日。

2022年8月10日

米投資ファンドのベインキャピタル、ネット広告と恋活・婚活マッチングアプリのネットマーケティング<6175>をTOBで非公開化

米投資ファンドのベインキャピタルは10日、ネット広告事業と恋活・婚活マッチングアプリ事業を手がけるネットマーケティングの株式非公開化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。全株取得を目指しており、買付代金は最大119億円。事業を取り巻く競争環境が厳しくなる中、情報セキュリティー体制の再構築、メディア事業の内製化などに向けた構造改革と積極的な投資を推し進めるためには非公開化が望ましいと判断した。ネットマーケティングはTOBに賛同している。

シノケングループ<8909>、国内投資ファンドのインテグラルと組んでMBOで株式を非公開化

シノケングループは10日、MBO(経営陣による買収)で株式を非公開化すると発表した。国内投資ファンドのインテグラル(東京都千代田区)と組んでTOB(株式公開買い付け)を実施し、全株取得を目指す。買付代金は最大533億円。シノケンはアパート事業を主力に、REIT(不動産投資信託)事業や海外事業に力を入れているが、コロナ後を見据え、業態の進化と多様化を大胆に進めるためには非公開化が望ましいと判断した。シノケンはTOBに賛同している。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725>、米国の再保険仲介会社トランスバースを子会社化へ

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは10日、傘下の三井住友海上火災保険(東京都千代田区)を通じて、米国の再保険仲介会社トランスバース・インシュアランス・グループ(デラウェア州)の買収手続きを開始したと発表した。約542億円で全持ち分を取得し、完全子会社化する予定。拡大を続ける再保険市場の成長性を取り込み、米国事業の基盤拡大につなげる。取得完了は2022年12月を見込む。

ヤマエグループホールディングス<7130>、宅配ピザ「ピザハット」を国内展開する日本ピザハット・コーポレーションを子会社化

ヤマエグループホールディングスは、宅配ピザチェーン「ピザハット」を国内展開する日本ピザハット・コーポレーション(横浜市。売上高209億円、純資産26億円)の全株式を取得し、子会社化することを決めた。BtoC(企業・一般消費者間)のフードサービス領域に本格進出する。ヤマエは食品事業と住宅・不動産事業を経営の両輪とするが、持続的成長に向けて「食」と「住」の周辺領域での多面的な展開を基本戦略に掲げている。取得価額は非公表。取得予定日は2022年8月31日。

ケアネット<2150>、CSO事業のコアヒューマンを子会社化

ケアネットは、CSO(医薬品販売業務受託機関)事業のコアヒューマン(東京都港区。売上高8億4200万円、営業利益600万円、純資産△1700万円)の株式93.3%を取得し子会社化することを決めた。医薬DX(デジタルトランスフォーメーション)事業の成長加速の一環で、これまでのインターネットによる医薬品情報の提供サービスに加え、人とインターネットを融合した情報提供モデルの構築につなげる狙い。取得価額は2億1200万円。取得予定は2022年9月~10月。

ゴルフダイジェスト・オンライン<3319>、米国SkyTrakグループからゴルフ用弾道測定器事業を取得

ゴルフダイジェスト・オンラインは、米国SkyTrakグループから一般ゴルファー向けゴルフ弾道測定器「SkyTrak」事業を取得することを決めた。グローバル戦略の要と位置付ける米国での事業基盤強化が狙い。2018年に子会社化したゴルフレッスンチェーン大手の米GolfTEC Enterprises, LLC(コロラド州)を通じて買収するもので、ゴルファーの上達を支援するためのサービス体制を充実させ、GolfTECの成長拡大につなげる。取得価額は約92億8000万円。取得予定日は2022年8月31日。

2022年8月12日

トリドールホールディングス<3397>、香港で「丸亀製麵」展開のTHHLを子会社化

トリドールホールディングスは12日、香港でうどん専門店「丸亀製麵」事業を展開するToridoll and Heyi Holding Limited(THHL、売上高20億円、営業利益△16億6000万円、純資産△2億2100万円)の全株式を取得し、子会社化したことを発表した。香港現地法人を通じて37%の株式を間接所有していたが、経営権を完全掌握することで業績立て直しを加速する。取得価額は非公表。取得日は2022年5月10日。

第一生命ホールディングス<8750>、NZの生命保険大手パートナーズ・グループを子会社化

第一生命ホールディングスは12日、ニュージーランドの生命保険会社パートナーズ・グループ・ホールディングス(保険料等収入315億円、純利益2億1300万円、純資産573億円)を買収すると発表した。全株式を取得し、完全子会社化する。取得価額は約856億円。パートナーズ・グループは2010年設立で、ニュージーランドで第2位の新興生命保険グループ。第一生命としてニュージーランドは9カ国目の進出国となる。日本・ニュージーランドの監督当局の認可を前提に2022年12月~23年4月の買収完了を目指す。

大王製紙<3880>、紙製猫砂メーカー大手の大貴を子会社化

大王製紙は、猫の排泄に用いられる紙製猫砂を製造する大貴(東京都港区。売上高27億1000万円、営業利益1億5200万円、純資産40億3000万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。グループ内におけるマテリアルリサイクルモデル確立の一環。大貴は紙製品メーカーで規格外となった紙おむつ、壁紙、パルプ系不織布などのリサイクル原料を活用し、高品質な紙製猫砂を製造している。取得価額は約74億円。取得予定日は2022年10月3日。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5