M&A速報

日本コンクリート工業<5269>、東北電力<9506>傘下でコンクリートポール・パイル製造の東北ポールを子会社化

2021/01/28

日本コンクリート工業は、東北電力傘下でコンクリートポール・パイルを製造する東北ポール(仙台市。売上高104億円、営業利益2億5800万円、純資産68億3000万円)を子会社化することを決めた。株式を追加取得し、現在6.4%の持ち株比率を64.3%に高める。5G(高速通信規格)ネットワーク整備、国土強靭化対策などへの対応力を強化する。両社はポール・パイルの製造技術、パイルの施工技術の供与、営業協力などを通じて良好な関係を築いていた。

取得価額は非公表。取得予定日は2021年7月30日。

M&Aデータベース

関連の記事

再生可能エネルギー普及の「カギ」は? 橘川武郎東京理科大学大学院教授に聞く

再生可能エネルギー普及の「カギ」は? 橘川武郎東京理科大学大学院教授に聞く

2018/04/26

再生可能エネルギーに「逆風」が吹き始めている。普及促進のためのFITにより、既存の火力発電や原子力発電に比べて割高で、エネルギー市場での競争力がないというのだ。再生可能エネルギーはコスト競争に勝てるのか。橘川武郎東京理科大学大学院教授に聞いた。

国内原発の8割が消える? 「 伊方廃炉ショック」の真実

国内原発の8割が消える? 「 伊方廃炉ショック」の真実

2018/03/30

四国電力が伊方原発2号機の廃炉を決めた。東電福島第1原発事故を受けて定められた新規制基準を満たすには巨額の設備投資が必要で、老朽化した小出力の原発を再稼働するメリットはないと判断したのだ。だが、事情は他社も同じ。今回の廃炉は序章にすぎない。

【電力業界のM&A】電力会社の再編をもたらす発電ポートフォリオの見直し

【電力業界のM&A】電力会社の再編をもたらす発電ポートフォリオの見直し

2017/06/22

電力業界のM&Aはあるか?エネルギー産業史研究の第一人者である東京理科大学教授橘川武郎氏に緊急インタビューを行った。電力会社の再編をもたらす駆動力は、3.11の震災以降に顕在化した、原子力発電を巡るポートフォリオの見直しにあるという。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5