M&A速報

新日本科学<2395>、米国での前臨床受託開発事業をカナダAltasciencesグループに譲渡

2018/08/15

新日本科学は、米国子会社SNBL U.S.A., Ltd(ワシントン州)が手がける前臨床試験の受託開発事業を、カナダのAltasciencesグループ(ケベック州)に譲渡することを決議した。同事業を受け皿会社の新会社に移管したうえで、この新会社の全株式を譲渡する。研究施設(土地と建物)についてはSNBLが引き続き保有する。

Altasciencesグループは北米を拠点とするCRO(医薬品開発業務受託機関)。 新日本科学は今回の事業譲渡により、前臨床事業は主に国内施設で実施することになる。同時に今後、米国事業の主軸はトランスリレーショナルリサーチ事業に移る。

譲渡価額は非公表。ただ、株式譲渡の対価として一時金、研究施設の賃貸収入を合わせ10年間の総額で最低26億円から業績に応じて最高50億円程度が見込まれるとしている。譲渡予定日は2018年9月末。

M&Aデータベース

関連の記事

新型コロナウイルス向け「国産ワクチン」 大量生産に新たな助っ人

新型コロナウイルス向け「国産ワクチン」 大量生産に新たな助っ人

2020/08/07

アンジェスと大阪大学が共同で進めている新型コロナウイルス向けのワクチン開発に、ベルギーのバイオ企業であるカネカユーロジェンテックが参画することになった。どのような企業なのか。

【2018年M&A】へルスケア分野は買収金額が急増

【2018年M&A】へルスケア分野は買収金額が急増

2018/12/20

2018年のヘルスケア分野は2017年に比べ買収金額が急増した。武田薬品工業によるアイルランドの製薬会社シャイアの買収金額が日本のM&A史上過去最高の7兆円と高額だったためだ。

【新日本科学】8期連続の営業赤字を乗り切る「M&Aのチカラ」

【新日本科学】8期連続の営業赤字を乗り切る「M&Aのチカラ」

2018/08/07

新日本科学は1957年に創業した、わが国初となる医薬品開発の受託研究機関。動物実験による前臨床試験に強みを持ち、新薬開発のリーディングカンパニーの地位を固めた。そんな同社が今、8期連続の営業赤字というどん底にある。生き残りのカギはM&Aだ。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5