中部電力は首都圏における家庭用電力小売り事業一部を、大阪ガスと折半出資するCDエナジーダイレクト(東京都中央区)に譲渡することを決議した。すでに大阪ガスも同様の事業の一部譲渡を決めている。

CDエナジーダイレクトは首都圏での電力・ガス販売を目的として2018年4月に設立し、現在サービス開始に向けて準備中。中部電力と大阪ガスの両社は首都圏での電力販売事業の一部を分割して同社に承継させることで、サービス開始の体制が整う。分割する当該事業の売上高は1800万円。中部ガスは分割の対価としてCDエナジーダイレクトの普通株式3000株の交付を受ける予定。

分割実施日は2018年8月1日。