M&A速報

中部電力<9502>、首都圏での家庭用電力小売りの一部事業をCDエナジーダイレクトに譲渡

2018/05/29

中部電力は首都圏における家庭用電力小売り事業一部を、大阪ガスと折半出資するCDエナジーダイレクト(東京都中央区)に譲渡することを決議した。すでに大阪ガスも同様の事業の一部譲渡を決めている。

CDエナジーダイレクトは首都圏での電力・ガス販売を目的として2018年4月に設立し、現在サービス開始に向けて準備中。中部電力と大阪ガスの両社は首都圏での電力販売事業の一部を分割して同社に承継させることで、サービス開始の体制が整う。分割する当該事業の売上高は1800万円。中部ガスは分割の対価としてCDエナジーダイレクトの普通株式3000株の交付を受ける予定。

分割実施日は2018年8月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

日本製鉄、大樹生命、出光・昭和シェル統合など新体制が始動

日本製鉄、大樹生命、出光・昭和シェル統合など新体制が始動

2019/04/02

2019年度入りの1日、社名変更や経営・事業統合による新体制が一斉にスタートした。新日鉄住金は「日本製鉄」として再出発した。三井生命は「大樹(たいじゅ)生命」に変更した。石油業界では出光興産と昭和シェル石油の統合新会社が船出した。

【ソフトフロントHD】再度の「M&Aで生き残り」は成功するか

【ソフトフロントHD】再度の「M&Aで生き残り」は成功するか

2018/09/25

「M&A爆発」とでもいうべき積極的な企業買収を展開しているソフトフロントホールディングス。もともと同社はM&Aに積極的ではなかった。ところが、2016年に入ると一気に5社を子会社化する。なぜ、同社はM&Aを加速したのか?そして、その結末は?

【中部電力】東電に飲み込まれる?ー電力大再編「水面下の攻防」

【中部電力】東電に飲み込まれる?ー電力大再編「水面下の攻防」

2018/05/24

中部電力が「電力再編」の荒波に飲み込まれている。再編相手と目されているのは国内電力最大手の東京電力HD。東電との合弁企業であるJERAは2019年4月に火力発電事業の一本化に踏み出す。中部電と東電の本体同士の経営統合も現実味を帯びてきた。

【電力業界のM&A】電力会社の再編をもたらす発電ポートフォリオの見直し

【電力業界のM&A】電力会社の再編をもたらす発電ポートフォリオの見直し

2017/06/22

電力業界のM&Aはあるか?エネルギー産業史研究の第一人者である東京理科大学教授橘川武郎氏に緊急インタビューを行った。電力会社の再編をもたらす駆動力は、3.11の震災以降に顕在化した、原子力発電を巡るポートフォリオの見直しにあるという。

M&A速報検索

クリア