M&A速報

ベルーナ<9997>、きもの「さが美」をTOBで完全子会社化

2018/05/07

ベルーナは、高級きもの専門店のさが美グループホールディングスをTOBにより子会社化することを決議した。ベルーナはさが美の全株式の取得を目指している。すでに、さが美の筆頭株主で55.5%の株式を保有するAG2号投資事業有限責任組合(アスパラントグループが組成)との間でTOB応募に関して合意済み。

買付価格は1株あたり150円。TOB公表日前日の終値120円に対し25%、過去1カ月の終値平均値121円に対し23.97%、過去3カ月の終値平均値120円に対し25%のプレミアムを加えている。買付代金は最大59億円。買付期間は2018年5月8日~6月18日。

ベルーナは衣料品の通信販売と店舗販売を主力とする。和装関連商品も取り扱い、和装初心者でも求めやすいカジュアルなきものが人気を集め、業績を伸ばしている。本格的な和装関連の顧客層を持つさが美を取り込むことにより、相互補完関係が期待できると判断した。

さが美は1974年、ユニーの呉服部門が分離し、高級きもの専門店として営業を開始。現在、全国で160店舗を展開する。

M&Aデータベース

関連の記事

【千趣会】ネット通販との競争で「生き残る」ための異業種M&A

【千趣会】ネット通販との競争で「生き残る」ための異業種M&A

2018/10/16

千趣会は「ベルメゾン」など女性をターゲットにした通信販売を手がける国内大手。働く女性向けのこけし人形の頒布からスタートした同社だが、カタログ通販が成功して業界大手の上場企業となる。そんな千趣会もネット通販の台頭で厳しい経営を強いられている。

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018年第2四半期 TOBプレミアム分析レポート

2018/07/17

2018年第2四半期のTOBは、公表ベースで7件と前年と同件数だった。ベルーナのさが美へのTOBプレミアムは25.0%、ファミレスのジョイフルによる同業のフレンドリーへのTOBプレミアムはマイナス-16.9%となった。

浴衣の季節、呉服業界の再編に注目してみた

浴衣の季節、呉服業界の再編に注目してみた

2017/08/15

花火大会や縁日に足を運べば、夏を感じさせる浴衣美人に出会えるこの季節。和文化の象徴とも言える呉服関連企業の低迷が叫ばれて久しい中、近年はM&Aなどにより浮上のきっかけを探る動きが活発化している。昨年から今年にかけて起こった、代表的なトピックをご紹介しよう。

どうにも不可解な「さが美」のTOB

どうにも不可解な「さが美」のTOB

2016/10/24

ユニーグループが保有するきものの「さが美」の全株式を投資ファンドのアスパラントグループに売却すると発表。同じく投資ファンドのニューホライズンキャピタルからも買収提案を受けたことから買収合戦になるかと思われたが・・・

M&A速報検索

クリア