ベルーナは、高級きもの専門店のさが美グループホールディングスをTOBにより子会社化することを決議した。ベルーナはさが美の全株式の取得を目指している。すでに、さが美の筆頭株主で55.5%の株式を保有するAG2号投資事業有限責任組合(アスパラントグループが組成)との間でTOB応募に関して合意済み。

買付価格は1株あたり150円。TOB公表日前日の終値120円に対し25%、過去1カ月の終値平均値121円に対し23.97%、過去3カ月の終値平均値120円に対し25%のプレミアムを加えている。買付代金は最大59億円。買付期間は2018年5月8日~6月18日。

ベルーナは衣料品の通信販売と店舗販売を主力とする。和装関連商品も取り扱い、和装初心者でも求めやすいカジュアルなきものが人気を集め、業績を伸ばしている。本格的な和装関連の顧客層を持つさが美を取り込むことにより、相互補完関係が期待できると判断した。

さが美は1974年、ユニーの呉服部門が分離し、高級きもの専門店として営業を開始。現在、全国で160店舗を展開する。