M&A速報

東栄リーファーライン<9133>、オーシャンから再度のTOB

2018/02/07

マグロ運搬船を運航する東栄リーファーライン<9133>に対し、河合弘文社長ら同社経営陣が設立したオーシャンが再度TOB(株式公開買い付け)を実施することになった。MBO(経営陣による買収)として行われるTOBだが、前回は予定数まで株式が集まらず、1月にTOBは不成立に終わっていた。

今回1株あたり買付価格は800円で、600円だった前回より約3割引き上げた。買付予定数は553万5242株(下限は368万9200株)で、買付金額は最大約44億2800万円。

買付期間は2018年2月8日~3月23日。

関連の記事

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

2018/03/02

東証の「適時開示」ベースで、2月の買収案件(グループ内再編は除く)は53件となり、前月より8件増えた。IN-OUT型M&Aが9件あり、コシダカホールディングスは女性向けフィットネスの米カーブスを約185億円で傘下に収める。

「東栄リーファーライン」TOBが仕切り直し…旧「村上ファンド」勢も今度は賛同

「東栄リーファーライン」TOBが仕切り直し…旧「村上ファンド」勢も今度は賛同

2018/02/09

マグロ運搬船を運航する東栄リーファーラインをめぐるTOBが仕切り直しとなった。現経営者によるMBOだが、前回は株式が集まらず、TOBは不発に。それからひと月。買付価格を1株800円と約3割引き上げての再トライ。気になる旧「村上ファンド」勢の動きは?

東栄リーファーライン MBO失敗の原因を考える

東栄リーファーライン MBO失敗の原因を考える

2018/01/29

東栄リーファーライン<9133>のMBOが不成立となった理由はなぜか。募集価格の算定が甘かったとは決して思わない。旧村上系ファンドの介入が、結果として株価が非常に割安でまだ将来的な成長が十分に見込めると多くの株主が思ったからではないか。

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

2018/01/25

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?

M&A速報検索

クリア