M&A速報

バイク王&カンパニー<3377>、駐車場運営事業を名古屋鉄道<9048>グループに譲渡

2017/10/03

バイク王&カンパニーは、駐車場運営事業を名古屋鉄道傘下の名鉄協商(名古屋市)に譲渡すると発表した。同事業を会社分割により新設会社のパーク王(東京都港区)に承継させたうえで、その会社の全株式を譲渡する。対象事業の売上高は7億7600万円で、全売上高の4.6%を占める。バイク王は今後、主力のバイク事業に注力し業績改善を図る。

譲渡価額は7億8000万円。譲渡予定日は11月30日。

M&Aデータベース

関連の記事

【名古屋鉄道】馬車鉄道から大手私鉄への成長の軌跡(後編)

【名古屋鉄道】馬車鉄道から大手私鉄への成長の軌跡(後編)

2019/04/06

名古屋市電気局の経営となった名古屋電鉄市内線。名古屋電鉄はその後、美濃電気軌道を傘下に収め、鉄路を岐阜に延ばしていった。合併後の1930年9月、名古屋電鉄は社名を名岐鉄道と変更した。さらに、愛知東部への進出を狙い、愛知電気鉄道と合併した。

祝ハタチ! 今年、創業20年を迎える企業

祝ハタチ! 今年、創業20年を迎える企業

2018/01/07

今年、創業20年を迎えるのは、1998年にスタートアップした企業です。スポーツ界では、冬季長野オリンピック・パラリンピックが開催され、第16回サッカーW杯・フランス大会に日本が初出場。映画『タイタニック』は大ブームとなりました。『Windows 98』が発売され、郵便番号の7ケタ化も始まりました。金融不安の中、日本長期信用銀行、日本債券信用銀行が破綻しました。1998年の創業から20年、ビジネス界に大きな影響を与えたのは? M&Aの状況も踏まえて見ていきましょう!

M&A速報検索

クリア