キョーリン製薬ホールディングスは子会社の杏林製薬(東京都千代田区)を通じて、医療検査機器開発を手がけるジェイタス(大阪市)の全株式を取得することを決議した。

ジェイタスは国立研究開発法人の産業技術総合研究所が開発した診断技術を産業活用することを目的に設立されたベンチャー企業。キョーリン製薬ホールディングスは中期経営計画で感染症の治療、環境感染の制御に関わる事業に取り組んでおり、ジェイタスの感染症の診断技術を加えることで治療・予防から診断まで幅広い事業展開を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2017年7月3日。