M&A速報

テクノホライゾン・ホールディングス<6629>、ソフト開発・販売のエルモシステムビジネスを譲渡

2016/12/28

テクノホライゾン・ホールディングスは、子会社のタイテック(名古屋市)が所有するソフト開発・販売会社のエルモシステムビジネス(東京都港区。売上高2億7200万円、営業利益36万3000円、純資産6770万円)を譲渡することを決めた。譲渡先はオフィス機器販売のSOAソリューションズ(大阪府守口市)とその役員。タイテックは株式の所有比率を80.0%から15.0%に引き下げる。譲渡価額は3700万円。譲渡予定日は2016年12月30日。

エルモシステムビジネスは中堅・中小企業向けにITインフラサービスを行っていたが、最近は小規模なソフト販売が中心となっていた。このためタイテックの子会社として事業展開するよりも、オフィス機器販売が主力のSOAソリューションズへ譲渡することが最善と判断した。

M&Aデータベース

関連の記事

【10月の社名変更】TBS・タメニー・日本酸素…近年最多の18社

【10月の社名変更】TBS・タメニー・日本酸素…近年最多の18社

2020/09/24

「コロナ」下、2020年度もいよいよ後半戦に突入する。10月をもって社名変更する上場企業は近年で最も多い18社を数える。その顔ぶれや新社名に込められた思いは?

M&Aを上期5件、件数トップはダブル「三井」だった!

M&Aを上期5件、件数トップはダブル「三井」だった!

2020/07/10

2020年1~6月(上期)の企業別のM&A件数を適時開示情報に基づき集計したところ、三井グループの2社が5件でトップに並んだ。このうち、三井E&Sホールディングス(旧三井造船)は5件すべてで子会社・事業の売り手に回った。

【テクノホライゾンHD】 M&Aで「選択と集中」、そして「事業再生」へ

【テクノホライゾンHD】 M&Aで「選択と集中」、そして「事業再生」へ

2018/09/13

光学機器やFA関連の電子機器事業を展開しているテクノホライゾン・ホールディングスがM&Aを加速している。同社自身もM&Aで誕生した会社だが、その歩みは決して順風満帆といえるものではなかった。度重なる経営の難問を解決する原動力はM&Aだった。

M&A速報検索

クリア