M&A速報

日立造船<7004>、エイチアンドエフ<6163>に対する公開買付へ

2016/11/04

環境装置、プラント、水処理装置の製作・保守・運営等を行う日立造船(以下、「公開買付者」)は、金属加工業を展開するエイチアンドエフ(以下、「対象者」)の普通株式を公開買付けにより取得し、レーザー技術等の共同研究開発を推進していくことを決議した。

公開買付者は、対象者の普通株式の54.44%を所有しており、対象者を連結子会社化している。公開買付者は、対象者株式の全てを取得し、対象者を公開買付者の完全子会社とすることを目的とした取引の一環として本公開買付けを実施する。

公開買付者は、本公開買付けにおいて買付け予定数の上限及び下限を設定しておらず、本公開買付けに応募された対象者株式の全ての買付けを行う。

公開買付け価格は1株あたり、2,125円(前日の株価の終値に対して、50.71%のプレミアム)。

買付け予定数は4,487,332株。

買付け予定期間は、平成28年11月7日から平成28年12月19日。

買付代金は、95億円。

本公開買付け後は上場廃止予定。

関連の記事

【日立造船】1兆円企業を目指す ポイントはM&A

【日立造船】1兆円企業を目指す ポイントはM&A

2018/05/10

日立造船が今後10数年をかけて売上高1兆円を目指すという壮大な計画を伴った航海に出た。2030年に達成する目標として1兆円の売上高のほかに、営業利益率10%以上、海外売上高比率50%以上という数値を掲げた。

新設分割と設立会社の破産を含む一連の手続きについて、株主間協定違反や役員の任務懈怠責任が否定されたケース

新設分割と設立会社の破産を含む一連の手続きについて、株主間協定違反や役員の任務懈怠責任が否定されたケース

2017/06/12

日立造船のM&Aをめぐる新設分割と設立会社の破産を含む一連の手続きについて、株主間協定違反や役員の任務懈怠責任が否定された判例を取り上げます。フォーサイト総合法律事務所の小林弘和弁護士が「株主間協定」やいわゆる「濫用的会社分割」を含めて解説します。

M&A速報検索

クリア