M&A速報

ほくほくフィナンシャルグループ<8377>、東海東京フィナンシャル・ホールディングス<8616>との合弁証券会社を第三者割当増資により子会社化

2016/10/21

(株)ほくほくフィナンシャルグループ(以下「ほくほくフィナンシャルグループ」)は、東海東京フィナンシャル・ホールディングス(株)(以下「東海東京FH」)と共同出資により設立したほくほくTT証券(株)(以下「ほくほくTT証券」)の営業開始に伴い実施する第三者割当増資の引受けにより、子会社化する決議を行ったと発表した。なお、ほくほくTT証券に対する出資比率は、ほくほくフィナンシャルグループが60%、東海東京フィナンシャル・グループが40%となる予定である。

ほくほくフィナンシャルグループは、北陸・北海道地域を主要営業基盤として、地方創生を担い、地域と共に成長・発展する金融グループを目指している。東海東京FHから証券業に必要となる商品・サービスや機能・情報や人材教育などに関するノウハウの提供を受け、北陸・北海道地域顧客基盤とブランド力を活用した営業活動を展開することで、地域に根ざした証券会社を目指していくとしている。

第三者割当増資引受後の議決権比率は60%。

株式取得価額は24億円。

第三者割当実行予定日は2017年1月4日。

関連の記事

2つの北海道銀行の共通点|ご当地銀行の合従連衡史

2つの北海道銀行の共通点|ご当地銀行の合従連衡史

2018/05/19

日本各地の「地銀」のルーツをたどってみよう。そのM&A―合従連衡の歴史をひも解けば、銀行や金融経済の成り立ち、日本の伝統産業、商業の集積の移り変わりなども見えてくる。第1回は「北海道」。北の大地には、北海道銀行と呼ばれる組織が2つあった。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア