三井製糖は子会社を通じて、医薬品・診断薬研究開発の三和化学研究所(名古屋市)からニュートリション事業(医療・介護食事業)の一部を取得することを決めた。急速な高齢化社会の到来で、医療・介護食事業は市場が拡大している。子会社で栄養療法食品・嚥下障害対応食品の開発・製造を手がけるニュートリ―(三重県四日市市)が同事業を取得し、営業基盤の拡大を図る。また、2016年12月に能力増強工事が完了する四日市工場の操業率向上や開発力強化などのメリットも見込んでいる。取得価額は非公表。取得予定日は2017年4月1日。

三和化学研究所は事業譲渡と同時にニュートリション事業から撤退し、医薬品の開発・製造、診断薬事業に経営資源を集中する。