きもの、宝飾品、雑貨を主要業務とした専門店チェーンのさが美(神奈川県)は、ホームファッション事業の全面撤退に関して、各事業譲渡先と事業譲渡契約を締結した。事業譲渡の内容は次のとおり。帽子のシャズボットブランド7店舗をミセスの婦人服およびファッション雑貨専門店チェーンのモリエ(愛知県)に、和雑貨の我楽屋おかめブランドとアジアン雑貨のカラコブランドの計5店舗を雑貨などオリジナル商品の企画・製造、卸・小売業を展開するコラゾン(大阪府)に、キッチン雑貨のオレンジハウスブランドとインテリア雑貨のリヴァンスの計5店舗を家庭用品・家具・インテリア総合商社の藤栄(愛知県)に譲渡した。

さが美は、ホームファッション事業の収益力が継続的に低く同社の営業損失の大部分の発生原因となっており、将来的にも改善が見込めないため、同事業から全面的に撤退し、きもの事業に経営資源を集中していくとしている。

事業譲渡価額は1億円。

モリエへの事業譲渡日は平成28年4月21日。

コラゾンへの事業譲渡日は平成28年5月21日。

藤栄への事業譲渡日は平成28年5月23日。