M&A速報

レンゴー<3491>、重量物ダンボールを製造するTri-Wallグループを子会社化

2016/05/13

レンゴーは、重量物ダンボールなどを製造・販売するTri-Wall Limitedを傘下に持つTri-Wall Holdings Limited(ケイマン諸島。売上高215億円、純資産131億円)の全株式を取得し子会社化することについて決議した。

Tri-Wallの重量物ダンボールは1952年に誕生。「Tri-Wall Pak」などのブランドで世界的に知られ、自動車部品や航空機部品の梱包に使用されている。レンゴーはタイやマレーシアなどASEAN諸国に38の工場を所有しており、Tri-Wallを子会社化することで既存顧客に重量物ダンボール製品を販売するほか、Tri-Wallグループの顧客に対してはレンゴーの一般ダンボールを販売する。

取得価額は約248億円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は2016年10月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

2020/03/12

家庭紙国内最大手の大王製紙が、M&Aに「本腰」を入れている。同社は長らくM&Aとは一線を画してきた。ところが2017年2月に日清紡HDの家庭紙事業を買収して以来、立て続けに5件のM&Aが成立している。大王製紙はM&Aで何を目指しているのか?

【レンゴー】M&Aで見えてきた1兆円の大台

【レンゴー】M&Aで見えてきた1兆円の大台

2019/09/26

レンゴーは2017年以降M&Aを積極化させ、2019年はすでに4件に達しており、今後もこの傾向は続きそう。レンゴーが目指す姿とはどのようなものなのか。