M&A速報

ふくおかフィナンシャルグループ<8354>と十八銀行<8396>、経営統合に向け合意

2016/02/26

ふくおかフィナンシャルグループと十八銀行は、経営統合することで基本合意することを決議した。具体的には、2017年4月1日付でふくおかFGが十八銀行を株式交換により完全子会社化する。さらに2018年4月をめどに、傘下の親和銀行(長崎県佐世保市)と十八銀行を合併させる。

九州経済の一体化を進展させるためには、地域のブランドを維持しつつ、より強固な経営基盤の確立ときめ細かなネットワークの構築が必要と判断した。

株式交換比率は未定。

2017-01-20

変更

株式交換効力発生日2017年10月1日。

十八銀行と親和銀行の合併予定日2018年10月。

2018-10-30

追記

株式交換比率はふくおかFG1:十八銀行1.12で、十八銀行の普通株式1株に対してふくおかFGの普通株式1.12株を割り当てる。

M&Aデータベース

関連の記事

【2019年】東証上場を廃止した企業は?

【2019年】東証上場を廃止した企業は?

2019/12/31

2019年に東京証券取引所で上場廃止となった企業は42社を数える。前年に比べると19社少ない。産業界の潮流や栄華盛衰とも密接にかかるのが上場廃止の動向だ。「令和」のスタートを振り返ってみると。

瀬戸が渦巻く長崎地銀の大合併|ご当地銀行の合従連衡史

瀬戸が渦巻く長崎地銀の大合併|ご当地銀行の合従連衡史

2019/05/24

2020年10月に合併が予定されている十八銀行(長崎市)と親和銀行(佐世保市)。しのぎを削ってきた地域有力地銀は、ふくおかFG、西日本FG、九州FGという九州地区の地銀再編のなかで、両雄並び立たずなのか。

地銀の経営統合に道 長崎の銀行がモデルに

地銀の経営統合に道 長崎の銀行がモデルに

2018/08/29

ふくおかフィナンシャルグループと十八銀行の経営統合が2年半の歳月をかけてようやく実現することになった。今後の地銀同士の経営統合のモデルになりそうだ。

M&A速報検索

クリア