東洋鋼鈑(東京都)は、車体用プレス金型プロバイダーである富士テクニカ宮津(静岡県、以下対象者)を同社の完全子会社化とすることを目的として、対象者の全ての株式(対象者が所有する自己株式を除く)を公開買付により取得することを決定した。

公開買付は二段階で行う。第一回公開買付は、現在対象者の筆頭株主であるフェニックス・キャピタル・パートナーズ・ナイン当時事業有限責任組合が所有する株式82.13%の取得を目的として行う。買付価格は1株当たり626円で、前日終値に対し2.6%のプレミアム。その後、残りの対象者株式の全ての取得を目的として第二回公開買付を実施する予定。買付価格は1株あたり930円。

第一回公開買付の買付予定額は85億円。

買付実施予定は平成28年1月頃。

富士テクニカ宮津は上場廃止となる予定。