ダイハツディーゼルは、日本郵船子会社で大型船舶用燃料噴射系装置やガスタービン用燃料噴射系装置の製造を手掛ける日本ノッズル精機(埼玉県久喜市)の株式56.1%取得し子会社化することを決めた。燃料噴射系装置の内製化拡大とともに、共同提案活動を通じた販路の拡大や共同開発などの相乗効果を狙う。また、今後成長分野として期待されているガスタービン関連事業への業容拡大も図る。取得価額、取得予定日は非公表。