M&A速報

エア・ウォーター<4088>、川崎化成工業<4117>をTOBにより子会社化(実質支配)へ

2015/05/14

エア・ウォーターは、川崎化成工業に対しTOB(株式公開買い付け)を実施し子会社化を目指す。TOBにより議決権40%以上を取得したうえで、取締役会の過半数を占めることで実質支配力基準に基づく子会社とする。筆頭株主の三菱化学が保有する38.73%について売却の意向を示したことから、TOBの実施を決めた。

エア・ウォーターは子会社化によりケミカル関連事業の体制整備を進めるほか、川崎化成工業の収益基盤強化を図る。

買付価格は1株につき210円で、公表前営業日の終値157円に対して33.76%のプレミアムを加えた。買付予定数は1939万2000株(所有割合50.1%)で、下限は1548万3000株(同40.00%)。買付価額は最大で40億7200万円。期間は5月15日からが6月18日まで。決済の開始日は6月24日。

関連の記事

【エア・ウォーター】(2)産業ガスメーカーと呼ばれなくなる日は…

【エア・ウォーター】(2)産業ガスメーカーと呼ばれなくなる日は…

2018/06/12

エア・ウォーターが産業ガスメーカーと呼ばれなくなる日が近づいてきたようだ。祖業である産業ガスの売上高に占める割合が20 % ほどに低下しており、さらに発電事業に戦略的に投資する計画を表明するなど、脱産業ガスの流れが加速しているからだ。

エア・ウォーター 北川裕二執行役員経営企画部長に聞く MAOガールインタビュー(6)

エア・ウォーター 北川裕二執行役員経営企画部長に聞く MAOガールインタビュー(6)

2018/06/07

学生レポーターの山口萌さんが、液体窒素やアルゴンガスなどの産業ガスを中心に医療や食品、ケミカルなど多方面の事業を手がけるエア・ウォーター執行役員社長室経営企画部長の北川裕二さんにM&Aの方針などについて話を聞きました。

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

2018/04/05

東証の「適時開示」ベースで買収案件を集計したところ、3月は49件と前月より4件減った。大型案件が目立ち、日本たばこ産業がロシアのたばこメーカー4位を約1900億円で、東レがオランダの炭素繊維大手を1230億円でそれぞれ子会社化した。

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A 20件に迫る

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A 20件に迫る

2017/12/28

2017年のヘルスケア・医療分野での主なM&A は20に迫る件数となった。

【エア・ウォーター】(1)新事業をM&Aで買う攻めの経営で注目

【エア・ウォーター】(1)新事業をM&Aで買う攻めの経営で注目

2015/11/25

エア・ウォーターは、近年、祖業以外の農業・食品関連事業へ本格参入へ。これまでのM&Aの道のりを辿る。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア