M&A速報

ヒビノ<2469>、音響内装工事の日東紡音響エンジニアリングを子会社化

2015/03/31

ヒビノは、音響内装工事などを手がける日東紡音響エンジニアリング(東京都墨田区。売上高36億円、営業利益1億7600万円、純資産8億円)の全株式を、日東紡績から取得し子会社化することを決議した。

日東紡音響エンジニアリングは放送局やレコーディングスタジオなどの音響内装工事を手がけ、自動車や空港など幅広い建築音響分野で国内トップクラスのシェアを誇る。ヒビノは、これまでの音響機器販売に加え、音響内装設計から施工、システム販売までをグループ内で提供する体制が整い、受注機会や商品の販売拡大が見込めると判断した。

取得価額は8億700万円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は4月30日。

M&Aデータベース

関連の記事

中国子会社の売却が4月急増、日東紡・タマホーム・TSIHDなど5件

中国子会社の売却が4月急増、日東紡・タマホーム・TSIHDなど5件

2019/04/22

​日本企業が中国子会社を売却する動きが広がっている。1~3月は各月1件だったが、4月はすでに5件に上る(適時開示ベース)。その大半が人件費上昇や人民元高に伴う収益悪化を理由とする。繊維、衣料関連が目立ち、今年の全8件中、4件を占める。

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

2019/02/21

ヒビノはコンサートやイベントで使う音響・映像機材を世界有数の規模で保有し、コンテンツの演出や進行を舞台裏で操る。東京五輪・パラリンピックでは施設整備の特需が控える。その同社はM&A巧者としての顔を持つ。傘下に収めた企業は10数社に及ぶ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5