M&A速報

豆蔵ホールディングス<3756>、持分法適用関連会社を公開買付により子会社化

2015/01/30

(株)豆蔵ホールディングスは、持分法適用関連会社でありシンガポール証券取引所カタリスト市場に上場する(株)ジークホールディングス(売上高75億6000万円、営業利益3500万円、純資産40億9000万円、以下「ジークHD」)の株式を公開買付により取得し、子会社化することを決議した。

ジークHDは、製造業を中心とする企業に向けたIT関連のトータルサービスを提供する企業群であり、エンジニアリングサービス、ITサービス、ITソリューションサービスの3つを主な事業領域としている。公開買付により、ジークHDと連携を深め、国内での車載機器関連事業の強化とASEAN地域での中核企業群としての役割を担うことを目的としている。

買付価格は1株当たり0.3シンガポールドル(前日の終値に対して20.0%のプレミアム、直近3か月の出来高加重平均株価に対して34.4%のプレミアム)

買付予定数は31,825,000株

買付予定資金は8億3200万円(9,547,500 シンガポールドル)

買付期間は2015年2月から2015年3月

※1シンガポールドル=87.16円換算

関連の記事

MBOが今年早くも5件|「上場企業」返上の理由は?

MBOが今年早くも5件|「上場企業」返上の理由は?

2020/02/17

2020年に入り、経営陣が参加する買収(MBO)がすでに5件に達し、前年の6件に早くも並ぶ勢いだ。このままでいけば、2013年以来7年ぶりに2ケタ(10件)に乗せる公算が大きい。MBOは2011年の21件をピークに減少傾向にある。

【1月M&Aサマリー】69件、09年以来の高水準|前田建設はグループの前田道路に敵対的TOB

【1月M&Aサマリー】69件、09年以来の高水準|前田建設はグループの前田道路に敵対的TOB

2020/02/05

2020年1月のM&A件数は適時開示ベースで、前年同月を7件上回る69件だった。1月として2009年以来の高水準。前年のM&A件数が841件と過去10年で最高となった流れを受け継ぎ、好スタートを切った格好だ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア