M&A速報

ITホールディングス<3626>、子会社のアグレックス<4799>株式を公開買付、完全子会社化へ

2014/10/30

総合的な情報サービス事業を展開する企業集団であるITホールディングス(東京都)は、事業強化を実現するとともに、グループ全体における最適な経営体制を構築することにより、経営の効率化を図るため、自社子会社でBPO等を行うアグレックス(東京都)の株式について完全子会社を目指す公開買付を行うことを決議した。

買付価額は1,430円(平成26年10月29日の東京証券取引所における対象者普通株式の普通取引終値1,069円に対して33.8%のプレミアム)。

買付予定数は5,210,898株。買付予定代金は約74億円。

買付等の期間は、平成26年10月31日から平成26年12月15日まで。

なお、本公開買付に伴いアグレックスは上場を廃止する可能性がある。

関連の記事

【1~3月期M&A】三井松島HDの5件がダントツ首位

【1~3月期M&A】三井松島HDの5件がダントツ首位

2020/04/07

2020年1~3月期の企業別のM&A件数(グループ内再編を除く)を適時開示情報に基づき集計したところ、三井松島ホールディングスが5件(うち1件は売却案件)で最も多かった。同社は非石炭事業への経営多角化に向けてM&Aを推し進めているが、一気にアクセルを踏み込んだ形だ。

新型コロナでM&A市場に異変? 3月の海外買収わずかに2件

新型コロナでM&A市場に異変? 3月の海外買収わずかに2件

2020/03/17

3月に入り、日本企業による海外企業買収がパタリと止まっている。海外企業買収は毎月10~15件程度で推移してきたが、3月も後半入りした16日時点でわずか2件。新型コロナ感染拡大で世界的に経済活動が低下する中、M&A市場にも異変が及んだ形だ。

M&A速報検索

クリア