M&A速報

モリト<9837>、米服飾資材メーカーのGSG Fastenersを買収

2014/10/09

モリトは、米国でホックやボタン、ジッパーなど服飾資材を製造・販売する GSG Fasteners, LLC(ジョージア州。売上高54億8000万円、営業利益1億9400万円、純資産1億9700万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。取得価額は約49億円(アドバイザリー費用など含む)。取得予定日は2014年10月中。

モリトは1908年の創業以来、ハトメやホックなどの服飾資材関連事業を手がけている。中国やベトナムに生産拠点を構えるなど、グローバルな販売・供給体制を構築してきた。今回GSG Fastenersを傘下に取り込み、米国での事業基盤を確立するとともに、服飾資材市場での世界シェア拡大やグローバル展開の一層の加速を目指す。

M&Aデータベース

関連の記事

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

2018/04/05

東証の「適時開示」ベースで買収案件を集計したところ、3月は49件と前月より4件減った。大型案件が目立ち、日本たばこ産業がロシアのたばこメーカー4位を約1900億円で、東レがオランダの炭素繊維大手を1230億円でそれぞれ子会社化した。

【モリト】M&A推進方針に沿った企業買収の可能性が大

【モリト】M&A推進方針に沿った企業買収の可能性が大

2018/04/03

110年間、ハトメやホックなどを手がけているモリトは、マリンレジャーやスノーボードなどスポーツ用品の輸入販売を手がけるマニューバーライン子会社化した。中期経営計画に盛り込んだM&A推進方針に沿ったもので、今後も同様の企業買収がありそうだ。

M&A速報検索

クリア