モリトは、マリンレジャーやスノーボードなどスポーツ用品の輸入販売・卸売りを手がけるマニューバーライン(大阪市。売上高27億5000万円、営業利益1億2300万円、純資産24億2000万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。

マニューバーラインは1982年設立。業績は安定しているが、後継者が不在で事業承継が課題となっていた。服飾資材の製造販売を手がけるモリトは、マニューバーラインの商品に使用されている付属品をモリト製に切り替えることや販路の相互利用などのシナジー(相乗効果)を見込んでいる。取得価額は35億7000万円(アドバイザリー費用など含む)。取得予定日は2018年4月2日。