M&A速報

相鉄ホールディングス<9003>、ホテルチェーンのサンルートを子会社化

2014/05/30

相鉄ホールディングスは、ホテルや旅館を運営するサンルート(東京都渋谷区。売上高161億円、営業利益6億6200万円、純資産10億4000万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。

相鉄ホールディングスは、2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックを控え、海外旅行者の増加が見込まれることから、ホテル事業の積極的な事業展開を進めている。今回の子会社化もその一環で、サンルートホテルチェーンの運営ノウハウやブランドを活用し、事業基盤を強化する。サンルートが運営する66店舗(1万550室)を取り込み、相鉄グループのホテル店舗数は81店舗(1万3099室)となる。

取得価額は非公表。取得予定日は9月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

敵対的買収から身を守る防衛策とは? しっかり学ぶM&A基礎講座(30)

敵対的買収から身を守る防衛策とは? しっかり学ぶM&A基礎講座(30)

2018/08/27

自社の株を大量に取得しようとする者が現れた場合の対抗措置をあらかじめ定めておくことがあります。こうした買収防衛策は、ともすれば経営者の保身につながる恐れがあるため導入には慎重を期す必要があります。

M&A速報検索

クリア