相鉄ホールディングスは、砂利採取事業を手がける相鉄鉱業(横浜市。売上高5億8000万円、営業利益△4100万円、純資産8億6100万円)の全株式を、松上産業は神奈川県の鉱区で協業する松上産業(神奈川県平塚市)へ譲渡することを決議した。

相鉄鉱業は、神奈川県内の砂利事業で過去数年赤字が継続。老朽化した重機やプラントの更新にも多額の費用がかかるほか、砂利採取後の土地整備に十数年の事業継続が必要とあることなどから売却することにした。

譲渡価額は非公表。譲渡日は2016年3月24日。