スクロールは子会社を通じて、後払い決済サービス事業のキャッチボール(東京都新宿区)の株式51%を取得し、子会社化することを決議した。

キャッチボールは、通販の商品代金を消費者の代わりに立て替えて支払い、消費者は商品到着後にコンビニエンスストアなどで支払うことができる後払い決済サービス「後払い.com」を運営している。今回株式を取得するスクロールの子会社スクロール360は、通販企業・EC事業者向けの物流代行サービスが主要事業。キャッチボールの決済サービスを取り入れることで、顧客向けサービスを充実させ、3年後に売上20億円を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2013年6月6日。