光通信は持ち分法適用関連会社のエフティコミュニケーションズに対しTOB(株式公開買い付け)を実施することを決議した。株式取得により、両社の資本提携・業務提携関係を一層強固にする。エフティコミュニケーションズはTOBに賛同している。買付予定株数に上限を設定しており、TOB成立後もエフティコミュニケーションズは上場を維持する。

光通信は現在、エフティコミュニケーションズの株式を14.71%所有しており、グループ保有分も合わせると25.31%となる。TOB成立後の所有比率は最大で38.12%となる予定。

買付価格は1株あたり12万8400円。TOB公表前営業日の対象株式の終値10万7000円に20%のプレミアムを加えた。買付予定数は上限が1万5600株で、下限は設定していない。買付予定額は20億300万円。

公開買付期間は2013年2月13日から3月21日を予定している。