東洋製罐は、ジャパンボトルドウォーターの株式を取得し、子会社化する。

東洋製罐が取得する株式数は180株(所有割合90%)。

ジャパンボトルドウォーターは、宅配水ビジネスにおいて、宅配水用容器およびサーバーの製造・販売を手掛ける、日本国内のトップメーカー。

ジャパンボトルドウォーターの最近3 年間の経営成績及び財政状態は以下のとおり。

      平成21年11月期   平成22年11月期   平成23年11月期

純資産     17百万円       42百万円       180百万円

総資産    626百万円      1,023百万円      1,266百万円

売上高      7百万円       916百万円      1,534百万円

営業利益  △11百万円        30百万円       221百万円

経常利益    0百万円        39百万円       229百万円