オウケイウェイヴは、多言語事業を展開するブリックス(東京都新宿区。売上高16億円、営業利益1020万円、純資産2億6400万円)を子会社化することを決めた。既存株主から株式を取得するほか同社が実施する第三者割当増資を引き受けることで、株式53.83%を取得する。

ブリックスは、大手企や自治体への多言語コンタクトセンター導入をはじめとする国内最大規模の多言語事業を展開。オウケイウェイヴはブリックスを取り込むことで、日本国内の企業・団体向けに外国人からの問い合せに多言語で対応できるシステムの構築を目指す。多言語による消費者への情報発信や消費者から多言語での問い合せが入った場合に対応できる人材の提供も進める。

取得価額は2億2000万円。取得予定日は2012年10月29日。