オウケイウェイヴは、多言語事業のブリックス(東京都新宿区。売上高16億円、営業利益1020万円、純資産2億6400万円)を、株式取得及び第三者割当増資の引受により株式53.83%を保有し子会社化することを決議した。

ブリックスは、大手企業・自治体への多言語コンタクトセンター導入をはじめとする国内最大規模の多言語事業を展開している。オウケイウェイヴはブリックスを取り込むことで、市場規模2237億円とされる通訳・翻訳市場を主軸に、自社のFAQシステム「OKBiz Support」の多言語化や、20カ国語対応の国際ソーシャルQ&Aサイト「ARIGATO」のアプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)拡販等を推進する。

取得価額は2億2000万円。取得予定日は2012年10月29日。