伊藤忠食品は、持分法適用関連会社であるスハラ食品の株式を追加取得し、連結子会社化する。

取得する株式は、1,216,000株。所有割合は、99%となる。

スハラ食品の株式を追加取得し連結子会社化することで、北海道エリアにおける伊藤忠食品グループの営業基盤の強化および物流の効率化を目指す。