M&A速報

古河電気工業<5801>、高温超電動線材製造の米スパーパワーを買収

2011/10/17

古河電気工業は、高温超電導線材を製造・販売する米国のSuper Power(スーパーパワー、ニューヨーク州スケネクタディー。売上高9250億円)を買収すると発表した。取得価額、取得予定日は非公表。

スーパーパワーは第2世代と呼ばれるイットリウム系材料の超電導線材を製造しており、欧米を中心に世界に130社以上の顧客を持つ。古河電気工業は超電導電力ケーブルなど応用機器の製品化技術に優れている。今回、スーパーパワーを傘下に収めることで、第2世代高温超電導線材から機器までを量産供給できる世界で唯一の企業グループとなる。超電導電力ケーブルや大型風力発電機など超電導機器などへの線材供給だけでなく機器事業の拡大により、2016年には売上高100億円を目指す。

M&Aデータベース

関連の記事

敵か味方か 「大株主」の存在とは

敵か味方か 「大株主」の存在とは

2018/04/05

UACJが2月末に内定した首脳人事の差し戻しを含めて再検討していることが明らかになった。終始「ノー」を主張してきたのが筆頭株主の古河電気工業。日本ペイントHDは筆頭株主が推す取締役を6人受け入れた。敵か、味方か、企業経営にとって「大株主」とはー。

古河電工、UACJの会長・副会長人事に「異論」を表明

古河電工、UACJの会長・副会長人事に「異論」を表明

2018/02/28

アルミ圧延首位、UACJのトップ人事をめぐって筆頭株主の古河電気工業が「異論」を突き付けた。UACJは2月27日、古河スカイと住友軽金属工業の合併で誕生後初めての社長交代を発表したが、古河電工は会長、副会長人事の再考を申し入れたのだ。

M&A速報検索

クリア