アルフレッサホールディングスと丹平中田は、セルフメディケーション卸売事業の事業基盤強化を目的として、将来の経営統合を視野に、平成20年2 月に資本・業務提携し効率化や財務体質の強化などに取り組んできた。

丹平中田を子会社化することで、アルフレッサホールディングスの子会社であるシーエス薬品と丹平中田の連携による経営資源の有効活用と効率化をより効果的かつ早期に実現し、セルフメディケーション卸売事業の更なる強化を図る。

株式交換の効力発生日は平成22年10月1日を予定。

株式交換比率は、今後提出される第三者機関による算定結果を参考に、当事者間で協議のうえ決定する予定。