東京応化工業はイタリアの子会社で、プリント基板製造用ドライフィルムレジスト製造会社TOK ITALIA(ミラノ。売上高約7億5800万円、営業利益約△2億300万円、純資産約2億600万円)の株式(所有割合80%)を、イタリアの同業で共同出資者であるElga Europe(ミラノ)へ譲渡することを決議した。

TOK ITALIAは1995年の設立以来、プリント配線板などに利用するドライフィルムレジストや高純度化学薬品を製造してきたが、近年は業績が低迷し厳しい経営環境が続いていた。東京応化工業は国内、国外ともにドライフィルムレジスト市場から撤退する。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2010年2月23日。